うささんとの日々

夫と娘とのゆるふわ3人暮らし。海外挙式~育児日記

これは乳腺炎でしょうか?

退院して、2週間目。

睡眠不足の「今は昼ですか?夜ですか?」生活にも、慣れた。

 

 

実家にお世話になっています(夫・がうくん共々)。

そして、がうくんがアメリカへ出張へ出発。

娘・ぷくとのほぼ2人生活が始まりました(両親は日中仕事をしているため)。

まるまる二週間。

 

 

ひとりになり(大げさ)気になるのは、激痛・おっぱいのことばかり。

たいてい授乳直後からおっぱいが痛くなり、

刃物で突き刺されたように痛みます。

おっぱい全体が痛むときもあれば(→これは、まれ)、胸の外側や中心部と場所がいろいろ移りながら痛むこともあり…。乳首のあたりが、じーんと痛くなることもあります。

寄せては返す波のように、痛みがぎゅーっときたりマシになったり、を繰り返します。

ひどいときは、2時間くらい。

痛みで胸をぐっと手で押さえ、必死に耐えることも、、、。

 

 

母乳育児の先輩として、母にこの痛みは何なのか尋ねました。

「えぇ~?!張ってくる痛みじゃないの??

 飲ませた後に痛い、とか無かったわ。病院の母乳外来行く?」

と、まあ頼りない答え。

そうでした。

母は私とは違って、母乳育児で困ったことなどなかったのです。

キィー!!

 

 

 

乳腺炎かも?」なるワードで、次第に不安になってくる私。

そして、授乳のたびに痛みに耐えながら、

こんなに痛いなら、母乳で育てなくていいんじゃない?!

と、何度も思う(いえ、何百回も思いました。はい)。

授乳直後に痛むってことは、授乳しなければ痛くないんだし。

 

 

 

でも、娘が泣くたびにおっぱいをやり、ミルクをやり、搾乳しました。

さぼらず、毎回。

1日につき11回とかいう頻度で。

激痛おっぱいと戦う。死ぬ思いで。

 

 

 

ミルク缶にも書いてあるんですよね~。

お母さんの母乳が最良です」ってね。

ミルクを使っていると、毎回目に入る呪いの言葉、ダナ。

「母乳で育ててこそ、母親ョ!ミルク使うなんて、母親失格ョ!」

みたいな(ここで、すでに病んでいますね…)。

 

 

この時点で、おっぱいと向き合う毎日に正直ウンザリしてきました。

赤ちゃんを素通りして。

話し相手もいないしね。

孤育てとは、こういうことを言うんだろ~な、とか回らない頭で思う日々。

 

 

 

初めから、おっぱいを赤ちゃんにあげるお母さんのイメージが好き、じゃなかったし。

何が何でもおっぱいを軌道に乗せて、とも思わなかった。

けれどもこのとき、睡眠不足からか思考力を奪われており、ぼーっとしたまま同じことを繰り返していました…。

毎回。

つまりは、「おっぱい→ミルク→搾乳」。

で、激痛。

睡眠不足って、こわーい。

 

 

 

 

ちょっとした睡眠でさえ、痛みでとることができない日々。

こういうときの頼みのつな。

グーグル先生!!

「授乳 痛み 乳腺炎

「おっぱい 授乳 直後」

などで、検索しまくる。

 

 

 

 

結局、よく分かりませんでした。

胸にはしこりもなかったし、つーんとくる痛みでもないような・・・???

そのまま頻回授乳を続けたところ(激痛に耐えながら)、2か月ほどして、痛みが来なくなりました。ある日、突然。

今にして思えば・・・

あれが「おっぱいが張ってくる」ということだったのだろうか?

行こう行こうと思っているうちに、母乳外来を利用し損ねました(幸いなことに)。

 

 

 

これが世に名高い「乳腺炎 なりかけ」??

 

 

けれども。

痛いならできるだけ早く、病院へいくべきだったと今になって思います。

お母さん業はノンストップ、「土日祝日なし」ですからね。

 

 

追:

なんで混合授乳なのに(母乳足りないのに?)、搾乳してるのか?というと・・・

 

 

はじめは、乳首が切れて痛くて片胸10分とか到底無理でした。

なので、胸のかたくなっている分(しこり)を搾乳。つまり、乳腺炎予防!

乳首は徐々に治って、強くなっていったのですが、

激痛に耐えかねる状態で、、、授乳後少し搾乳したら、マシになったからです。

痛み対策!

 

 

 

生後3か月の現在、基本的に搾乳はしていません。

(全部飲んでもらっている。ぷくに)