うささんとの日々

夫と娘とのゆるふわ3人暮らし。海外挙式~育児日記

出産レポ① 陣痛

40週6日目の夜。

朝の検診で「この2、3日中に来ますよ」と言われた、その夜。

 

f:id:Hekanefer:20170919124502p:plain

夜10時半くらいから、下腹が痛くなり始めた。そこで陣痛アプリで記録してみると↑

こんな感じ。

陣痛というのは、コンスタントに痛みの間隔があるのだろうと勝手に思いこんでいた私。どの間隔なら、産院へ電話していいのだろう、、、。

3分間隔とかって普通に電話だよね、うーん。

でも8分間隔のもある、微妙だ。

と迷っている間に、

ぐぐぅーと下腹部が痛くなる感覚が波のようにやってきます。

 

 

なかなか電話に踏み切れなかったのは、前々回の検診で病院へ行ったときのこと。

待合室で待っていると、陣痛できたと思しき妊婦さんとその家族を見たのですが…

その妊婦さんは腰をおさえながら、立っているのもやっとという様子で、痛みに呻いていました。旦那さんが、ときどき腰をさすっていました。

その状態にもかかわらず、診察室から出てきて支払いを済ませ、家族と車に乗り込んでいきました。どうやら、生まれるまでまだまだ、と判断され医師に帰宅を促されたみたい。

 

 

ええぇーーーっ?!嘘。

あれで帰されるの??!

と一部始終を見た私は思いました。

 

 

ぐずぐずしている私のそばで、夫・がうくんが

「電話しようよ、電話!!病院へ行こう」

と急かします。

仕方なく、病院へ電話。

しかし、このときはまだ私にも余裕があり、

「これって陣痛なんですか?」と電話口で、助産師さんに聞くくらいの状態。

 

 

結局、

「もう少し我慢できなくなったら、電話をくださいね」

と言われて切る。

f:id:Hekanefer:20170919131010p:plain

そして、しばらく我慢。我慢。我慢。

そうしているうちに、日付が変わる。

痛みが次第に強くなってきたので、午前1時過ぎに再び電話して、病院に行くことになりました。

前日から梅雨入りしたため、雨がふりしきるなか、真夜中に夫に車を出してもらう。

 

 

 

子宮口3cm。

「入院しましょうか~」

助産師さんのこのひと言で、ホッとしました。

良かった、家に帰されなくて・・・。