うささんとの日々

新婚の毎日。結婚式や日常。読書とお菓子作り

新婚旅行:夜の騒動

新婚旅行11日目も終わり、疲れてぐっすり眠りについていた私たち。

夜11時過ぎ、部屋のサイレンが鳴り響く。

 

 

寝起きの私は、ぼーっとしながら

「なにーー」

と言っていたのですが、眠りの浅い夫・がうくんは、飛び起きて

あちこちのコンセントを抜きまくっていました。

「この音、消えない!!」

そして、廊下へ飛び出していく・・・。

 

 

 

またすぐに戻ってきて、私に

「どうしてこの状況で、寝ていられるの!」

と叫び、コンセントを抜くように指示。

取りあえず、言われるまま抜きますが、サイレンの音はひたすら続きます。

それにしても夫は、なぜコンセントを抜きまくっているのか・・・。

 

 

 

コンセントとサイレンの関係性が、いまいち理解できません。

廊下には周囲の客室の人たちが、ばらばらと出てきて何やら言い合っています。

(廊下でもサイレンがなり響いていました)

なるほど、この部屋だけのお話じゃなさそう・・・。

 

 

 

しかし。

フロントに電話をしますが、回線がつながらない・・・(混線?)。

この時点で、何らかの警報なんだということがうっすらのみこめたので、私はようやくベッドから起きて靴を履き、カバンをもちました。

緊急事態!!

即行動!

がうくんに「パスポートを持って外に出ましょう」と言いました。

 

 

 

 

もちろん、緊急時なので、エレベータは使えません。

階段で降りました。

外に出ると、お客さんがいっぱい出ていて、心配そうにホテルを見守っています。

そこへ、消防車が・・・。

f:id:Hekanefer:20160823161546j:plain

火事なのか。。。????

(とりあえず、何もわからない状態けれど降りてきて良かった、と思いました)

放送はなし。

一切説明なし。

消防隊員の人たちは、中へ忙しく出入りを繰り返していました。

 

 

 

寒かったので、隊員さんが配ってくれた緊急のブランケット(アルミ箔みたいな感じ)で助かりました。

しばらくして、ひとりの隊員さんが中に入ってもいい、と言ってくれてみんなでぞろぞろ戻りました。

何があったのか、最後まで分かりませんでした。

ホテルの人はきちんとこの騒動の説明をすべきだなと思います。

私たちの泊まっている周囲のいくつかの部屋にノックがあって、ホテルの人が何かを話している声だけがうっすらと聞こえました。

 

 

 

 

 

次の朝は、朝食を食べました。

まるで騒動などなかったかのように。

一体何だったんだろう・・・。